高く家を売る方法~ローン中でもまずは残債を気にせず!

家を売ろうと考えている方の理由は様々ですが、気になるのはローンの事ではないでしょうか?

ローンが残っているのに売れるのか?と心配になりますが、ほとんどの場合でローン残債が残っている状態で家を売っていますし、完済してる方が売却すのはまれですので安心してください。

ただし、残債が多い場合は抵当権を外せず売れない場合もあり。→抵当権の付いた物件の売買について

ローン中なら「少しでも高く売る」が基本!

「ローン中でも家は売れる」が1円でも多く減らす為に、少しでも高く売る事を考えなければいけません。では高く売るにはどうしたらいいのか?

まずはローンの事を気にせず、実際にどのくらいで家が売れるのかについて知る事が大事です。基本的には家を売る事でローンを相殺もしくは自己資金で返済しないといけないのですが、そもそも家が売れる金額がわからなければ売却する事もできないので、まずは相場や家の価格を知る必要があります。

不動産屋に相談に行って「いくらで売れる」か聞いてみる

まず思いつくのは不動産屋に相談に行って、自分の家がいくらで売れるのかを聞いてみる事かと思います。不動産屋にはこれまでの取引事例などから、大体これくらいで売れるだろうと予測ができますので、簡易的ではありますが、査定額を算出してもらえます。

上記の方法は机上査定と言って取引事例などから算出した簡易的な査定方法で、他にも訪問査定という査定方法もあり、訪問査定は実際に物件に言って、眺望や建物の状況などを詳しく確認した上での査定なので、簡易査定よりも正確な査定額となります。

通常、この査定額を基準に「売ってもいいかも」「この金額では売れない」など売却するかどうかを検討していく事になります。

不動産屋に相談に行くのは正解?失敗する原因?と言っている人が・・・

基本的には不動産屋に行って、物件を査定してもらって、売るかどうかを検討する流れは間違っていません。ですが、おそらくこれだけでは失敗しますし、売れたとしても低い価格になる可能性が高くなってしまいます。

どうして安くなってしまうのか?

「不動産の事はよくわからないので相談に来ました」のような感覚で来店している方注意してください。このような感覚で来店している場合、不動産屋にコントロールされ安く売れられてしまいます。

安くなる理由は簡単で安くした方が売り安いからです。不動産屋は売主から物件を預かり買主を見つけて契約すれば仲介した手数料がもらえ、利益となります。その為、「売る事」が大事なんです。売主は高く売って欲しいという気持ちがあっても不動産屋からすると「安くなってもいいから売りたい」という考えに至るからです。

不動産屋によっては考え方も違うでしょ?と考えられますし、実際に売主の事を考えて売却の手伝いをしてくれる業者もありますが、難しいのが現状です。

不動産を売却するのに自分だけで買い手を見つけてといった事は難しいため、必ず不動産会社に相談する事になります。

失敗の原因は何も知識がないまま相談にいくと不動産会社のペースで進んでしま事にあり、不動産屋に相談に行く前に家を売る 相場などを把握しておくべきなんです。

相場価格を知る方法としてもう一つ

不動産屋に行って相談する前に相場を確認することが大事だと言いましたが、では一体どうやって確認するのか?

実はインターネットで査定見積もりを依頼することが可能で、しかも一括で複数の会社に査定依頼ができる不動産一括査定サイトがあります。不動産屋に直接行って相談した上で査定してもらう方法もありますが、一括査定サイトを利用すれば、登録している不動産会社に5社程度に一括で依頼できる為、店舗に行く必要がありません。

仲介を依頼する会社は1社だから、何社も査定してもらわなくても。。。と思う人もいるかもしれませんが、不動産の査定は業者によって価格がバラバラです。例えばA社は4000万円で売れると言って、B社は4300万円で売れると言う可能性もあります。その為、複数の会社に依頼することで、一番高く売ってくれる不動産会社が見つかります。1社しか査定せずに不動産会社を選んでいる人は失敗している傾向がありますし、ローンが残っている不動産を売るのですから、出来る限り高く売る為に一括査定の利用は相場を知る上でも利用価値があります。

ローン残債のある不動産の売却を検討するなら、必ず「家がいくら」を確認してから

ローン残債のある不動産を売る場合、必ずローンを全額一括返済する必要がありますので、まず「家がいくら」で売れるかを確認してみないと売却できるかも判断できません。売却額でローンを返済できない場合は自己資金で補填する必要がありますので、自己資金と大体の売却額を考慮して売却するかを考えないといけません。

できる事なら、高く売りたいは当然の話ですので、売却できるのかの確認、一番高く売ってくれる業者の確認の意味で複数の会社に査定依頼して相場を把握するようにしてください。